ゴルフ100切りでやってはいけない4つのこと(その1)

ゴルフをやっている人にとっての一つの目標になる100切り、
スコアがぶれてしまう原因がどこにあるのか一緒におさらいしていきましょう。

1.2打目以降にOBを打たない

ゴルフではOBは二打罰となるので、確実にスコアが悪化します。(2打目にOBすると次が5打目)特に2打目以降のOBはティーショットのOBと違い救済処置が無いので、スコアが大幅に悪化する原因になります。

日本の多くのゴルフ場には、ティーショットのOBには「プレイング4・前進4打」というルールがあるため、前方ににある「特設ティ」からプレーを続ける救済措置があります。しかし、2打目のOBにはこの救済措置がないため、スコアが大幅に悪化してしまうのです。

つまり、2打目以降の地面の上からのショットは、大きく左右に曲げるOBを避ける事が極めて重要となります。ロングホールの二打目などは、3Wで230ヤード欲張って長いクラブで飛ばそうとせず、4UTや7Iなどで着実に前に進んでいくショットを繰り返した方が、明らかにスコアがよくなります。

しかし、ゴルフをやっていると飛距離は飛ばしたくなるものですよね、
飛ばそうと意識すると右にスライスしてしまう、前足上がりの時にタブってしまうなど色々なものが障害になりますが、ACNGOLFRANGEであればすべて練習することができます!

自分の打球を数値で分析・クラブヘッドの軌道はどうなっているか・自分のスイングそのものはどうなっているのか、など全ての疑問に対してみることが可能となっております。

また、足元にあるスイングプレートを使用することによって、
自分の苦手なつま先上がり、右足下がりなど自由に練習することが可能となっております。