ゴルフの基本的なスイングを行うためのポイント【その1】

スイングをスムーズに振る準備

1.足幅(スタンス)を決める

足幅についてはドライバーであればシューズの3.5足分、アイアンであれば2.5足分が無理なく振りぬける幅になっているので、基本的な幅として押さえておきましょう。

また、初心者の頃はスタンスを広く取ってしまうことが多く、打ちっぱなしでは何球も打っているとスタンスが広がりやすいため、数球打つごとに自分の足幅を見直しましょう。

スタンスが毎回異なると、スイングのフォームも定まらなくなるため、
基本になる足幅の位置をマスターした後に感覚やスイングフォームに合わせて調整しましょう。

2.ラインを揃える

直立した状態で背筋を伸ばしたまま上半身のみを前傾させます。
この際、腰は前後に動かさないようにして上半身を前傾させるのを意識しましょう。

その後膝を軽く曲げることで、基本的なスタンスの完成です。
頭が下を向きすぎないように背中から首までを真っすぐにしましょう。

ACN GOLF RANGEに設置しているVISION PLUSでは正面からのスイング動画を見直すことができるため、自身のスイングでどこが悪いかが一目でわかるようになっております。

JR水道橋から徒歩2分。
無料体験も実施しておりますので、ご興味のある方は直接ご予約もしくはお電話にてご連絡ください!

ACN GOLF RANGE水道橋
無料体験予約
https://acn-golfrange.hacomono.jp/

問い合わせ電話番号
0800-170-2828